第17回 もてぎ7時間エンデューロ 秋 2020

Regulation

  • 1. 参加者が使用できる自転車は、フリー式とし、前後ブレーキは完全なものとします。
  • 2. 使用する自転車はサーキットでの高速走行に耐える強度を備え、よく整備された自転車である事を義務付けます。
  • 3. トライアスロンバー、DHバー、アタッチメントバー、ブルホーンバーの使用は認められません。
  • 4. 全ての自転車に、ビンディングペダルの使用は認めます。
  • 5. 片足スタンドのものは必ず外して走行してください。また、自転車にカウリングを装着することは禁止します。
  • 6. 電動アシスト自転車(E-Bike種目は除く)、タンデム車及びジョギングマシン(踏み台昇降型ペダルの自転車)での出場はできません。
  • 7. 車いすレーサーおよびハンドサイクルの規定は日本身体障害者陸上競技連盟の定めるところに準じます。

ロード

通常ロードレーサーと呼ばれる車種全般とします。このカテゴリーへのマウンテンバイクでの参加も可能です。この場合タイヤサイズの規制及びフラットハンドルバー使用の規制はありません。

ミ ニ

前後の車輪径が22インチ以下であれば基本的に車種は限定しません。変速機の制限は設けません。ただし高速走行に耐える十分な強度を有する自転車であること。変速機の制限は設けません。

クロスバイク

通常、ロードレーサー、マウンテンバイクと呼ばれるスポーツサイクル(変速機付)で、次の条件を満たす自転車とします。フラットハンドルバー仕様、車輪径24インチ以上、タイヤ幅に制限はありません。エンドバーの使用は認めます。

ママチャリ

通学用及び買い物用などに使用されている市販の一般自転車で、前カゴ付きを条件とします。 変速機は内装3段のみ認めます(外装変速機は禁止)。 無改造のママチャリであること(ビンディング装着、サドル交換はOK)。

MTB

フラットハンドルバー使用であること。エンドバーの使用は認めますが、緊急時のブレーキ操作が可能なブレーキレバーを装着したMTBのみとします。スリックタイヤは使用可能です。

車いすレーサー

車いすレーサーについての規定は日本身体障害者陸上競技連盟の定めるところに準じます。

リカンベント

リクライニングポジションで乗車する、リカンベントタイプの自転車です。

ハンドサイクル

ハンドサイクルについての規定は日本自転車競技連盟の定めるところに準じます。

E-Bike

E-Bikeはスポーツタイプの電動アシスト付自転車に限ります(ロードバイク・MTB・クロスバイク・小径車)。 実用車(ママチャリ型)電動アシスト車は不可とします。日本国内の法定速度以上のスピードが出るように改造したものは禁止です。リミッターを解除しているものや海外仕様車なども使用不可とします。

※仮装などのパフォーマンスを競うチームの車両の装飾については、極端な突起物及び走行上著しく操作を妨げる形状の部品の取り付けは認めません。
※自転車について詳細は大会事務局までお問合わせください。

競技中の禁止事項
●走行中の携帯電話の使用
●携帯プレイヤー、ラジカセ等で音楽を聴きながらの走行
●片手運転でのビデオおよび写真撮影
●片足スタンドは取り外してください。

計測チップ・ゼッケンの取り付け

計測チップは個人用のフロントホーク固定式計測チップとチームリレー用のアンクルバンド式計測チップがあります。
個人用はひよこレース、キッズレース、エンデューロソロ参加選手に1個お渡しします。
チーム用アンクルバンドは1チームに1個お渡しします。